コミュニケーション力強化のための、 フィードバックとナレッジシェアの道具(特許取得済 第5729844号)

「動画」 x 「具体的場面にフォーカス」した
フィードバックと振り返りを可能にする

「動画」 x 「具体的場面にフォーカス」したフィードバックと振り返りを可能にする

  • プレゼンテーション
  • 商談
  • 面談
  • スピーチ

多様性/専門性とグローバル化の時代に求められる、自らの価値を言葉で伝えられる力。
実践を通して磨く機会を、できる限り多くの人に。

個々に向かい合い、引き上げられる、育成力の高い社会をつくる

コールセンター特化型のページ

コミュニケーション力の育成にこれまで欠けがちな

「定着」の手段を提供

コミュニケーション力向上のプロセス

コミュニケーション力向上のプロセス(詳細)

コミュニケーション力向上のプロセス(詳細)

コミュニケーション力向上のプロセス(詳細)

閉じる

「動画」 x 「具体的場面にフォーカス」が鍵

特許取得済 第5729844号
従来型

実践、模擬実践全体へのフィードバック

従来型のフィードバック
Reflectle リフレクトル

個別の良い個所、改善すべき個所を取りあげてフィードバック

Reflectleのフィードバック Reflectle使用画面

1
動画が振り返りに使えるようになる

自らの言動を動画で振り返るのは効果的。しかし、稀にしか使われない、或いは挨拶や自己紹介など部分的な反復練習のみにしか使われていないのが現状です。これまでは、動画で全体を振り返るには、長い時間を要したことが原因です。リフレクトルはこの問題を解決し、動画で振り返る(リフレクションする)可能性を切り開きます。

2
誰でも一定以上の効果的なフィードバックができるようになる

リフレクトルのフィードバック形式を使うと、必ず「具体的な場面(言動)」に言及しながらフィードバックを伝えるようになるため、指導力を鍛えていない人が陥りがちな、受け手の成長につながらない「漠然とした全体的な感想」の伝達に終始することを避けられます。また、「具体的な場面」を拾い上げるにあたっても、予め定められた評価基準に合致するかを判断すればよいため、より的確に評価できるようになります。

3
距離的に離れていても、また時間差でも、有効なフィードバックができる

これまで、コミュニケーションの実践に対するフィードバックは、その場に居合わせた人がその時に行うことが原則でした。どのような実践内容に対しての指摘かの共通認識を、指導者と非指導者が持つには、場所・時間を共有するしか無かったためです。リフレクトルのフィードバック形式を使えば、この距離と時間の壁を乗り越えられます。

4
指導内容が見える化され、組織内の育成できる人が増える

指導者がどの場面に何の指摘をしているかが明らかになるため、指導品質の向上や認定が行えるようになります。例えば、現場リーダーの指導内容を、全社的なエースが確認するなど。的確な指導をできる人が増えれば、組織全体の成長が加速し、また限られた上位の人に集中しがちだった「指導」の役割を分担できるようになります。

5
納得感あるアセスメントができ、アセスメントを成長につなげられる

アセスメントは現在の実力と成長の様子を見える化する手段ですが、評価の納得感を出すのが大変であったり、各評価項目を5段階などで査定されるだけでは行動変容に繋げにくいなどの課題があります。リフレクトルは評価と具体的言動の結びつきをすぐに確認できるため、これらの課題を解決します。

iPhone/iPadで記録した動画×フィードバックは

クラウドで簡単に共有可能

インストラクター/評価者

実演/動画に対するフィードバックをリアルタイムで入力。コメント付きの動画はクラウドサーバーを通じて、受講者と簡単に共有できます。

受講者/対象者

研修/アセスメント等終了後も動画とフィードバックでいつでも自分の実演を振り返られます。

見るだけならインターネットとブラウザさえあればOK。

動画でデモを見る(チーム共有) 動画でデモを見る(個人間共有)

ベストプラクティス機能で、
効果的にナレッジシェア

チーム単位で共有し、ベストプラクティスの候補・認定の登録、タグづけが可能。
ベストプラクティスに登録されると、トップ画面のタイムラインに表示され、検索機能で選択できます。

動画でデモを見る

利用料金

発行可能ID数

ひと月当たりの基準額(円)

備考

10IDまで

30,000

20IDまで

50,000

50IDまで

110,000

10ID枠単位での追加も可能@25,000円

(例) 40ID = 50,000 + 25,000 x 2

100IDまで

200,000

10ID枠単位での追加も可能@22,000円

(例) 70ID = 110,000 + 22,000 x 2

300IDまで

570,000

10ID枠単位での追加も可能@20,000円

(例) 150ID = 200,000 + 20,000 x 5

300ID以上

10ID枠単位で追加も可能@18,000円

申込単位による割引

3か月

1年

x 1.0

x 0.9

リフレクトルのご利用には、上記のシステム利用料の他、初期導入費用が掛かります。
(効果的活用のためのコンサルティング費用、システム初期設定費用等。
コンサルティングの度合いに応じて、通常は30~300万円)
詳しくはプロフェッショナルサービスパートナー各社もしくはCo-Growth社までお問い合わせください。

プロフェッショナルサービス・パートナー

「リフレクトル」を活用した人材育成・組織開発サービスを提供しているプロフェッショナル(企業/個人)です。弊社にご相談頂ければ、お客様に最適な先をご紹介します。

株式会社BRICOLEUR(ブリコルール)

「職場を、チームにする」を掲げて組織開発を行うプロフェッショナル集団です。お客様と共に最適な顧客接点活動をデザインし、リフレクトルでトレーニングするまでをサポート。住宅/医薬/生命保険/住設機器/ウェブサービスなどの実績が有ります。リフレクトル活用の知見を「スマートロープレ」というサービスにまとめています。 事業戦略を現場のPDCAまで落とし込むこと、現場メンバーの技術差を明らかにすることに自信があります。

株式会社ファーストキャリア

若手が成果をあげられるようになるまでを、若手自身の自律的な成長力と、企業の育む力の両面から支援しています。OFF-JT研修だけでなくOJT制度の設計実績多数。リフレクトルも、現場の上司が若手を育てる仕組みとしての有効性に着目して活用支援をしています。グループ全体で1,000名の講師ネットワークを持ち、大手企業中心に最繁期(4月)はひと月で79社16,581人の育成を支援。多クラス研修の開催を高品質で実現できます。

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース

戦略を描き・動かす「リーダー人材」の育成に強みをもつHRコンサルティングファームです。私たちは、真の行動変革やスキル定着のために、実業務に直結した内容で教育を実施することに加え、現場での一人一人に対するフォローを「Field-reflection Method」と名付けて大切にしています。特に、「現場でのパフォーマンス」に対するフィードバックにリフレクトルを活用し支援しており、事業を牽引できる「リーダー人材」づくりを得意としています。

Webサイトへ

株式会社BRICOLEUR(ブリコルール)

「職場を、チームにする」を掲げて組織開発を行うプロフェッショナル集団です。お客様と共に最適な顧客接点活動をデザインし、リフレクトルでトレーニングするまでをサポート。住宅/医薬/生命保険/住設機器/ウェブサービスなどの実績が有ります。リフレクトル活用の知見を「スマートロープレ」というサービスにまとめています。 事業戦略を現場のPDCAまで落とし込むこと、現場メンバーの技術差を明らかにすることに自信があります。

Webサイトへ

株式会社ファーストキャリア

若手が成果をあげられるようになるまでを、若手自身の自律的な成長力と、企業の育む力の両面から支援しています。OFF-JT研修だけでなくOJT制度の設計実績多数。リフレクトルも、現場の上司が若手を育てる仕組みとしての有効性に着目して活用支援をしています。グループ全体で1,000名の講師ネットワークを持ち、大手企業中心に最繁期(4月)はひと月で79社16,581人の育成を支援。多クラス研修の開催を高品質で実現できます。

Webサイトへ

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース

戦略を描き・動かす「リーダー人材」の育成に強みをもつHRコンサルティングファームです。私たちは、真の行動変革やスキル定着のために、実業務に直結した内容で教育を実施することに加え、現場での一人一人に対するフォローを「Field-reflection Method」と名付けて大切にしています。特に、「現場でのパフォーマンス」に対するフィードバックにリフレクトルを活用し支援しており、事業を牽引できる「リーダー人材」づくりを得意としています。

Co-Growth社に主たる役割は、"Products / Services”の開発と普及

「リフレクトル」を活用して、人材育成・組織開発のサービスを提供するのは、我々のみである必要はなく、むしろお客様から既に信頼を得ているプロフェッショナルサービス提供者がいれば、その方々に「武器」として役立てて頂きたいと考えています。

ご関心をお持ち頂けましたら、まずはお気軽にご連絡ください